吉良義定の木像

ページ番号1002826  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:吉良義定の木像

よみ
きらよしさだのもくぞう
指定・種別
市指定・彫刻
員数
1躯
法量
像高55.8cm
材質
木造(寄木造)
時代
江戸時代
所蔵
吉良町岡山 華蔵寺

吉良義安の子。戦国期に領地を失った吉良氏を3000石の旗本として再興し、父義安を弔うために華蔵寺を創建した。衣冠(いかん)姿の坐像で、左手を太刀の脇で脚上に置き、右手に笏(しゃく)を執り、正面で左足裏の上に右足甲を乗せて座す。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。