鋳銅釈迦如来立像

ページ番号1002819  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:鋳銅釈迦如来立像(正面)

鋳銅釈迦如来立像(側面)

よみ
ちゅうどうしゃかにょらいりゅうぞう
指定・種別
市指定・彫刻
員数
1躯
法量
像高46.4cm
材質
鋳銅製
時代
鎌倉時代後期
所蔵
吉良町駮馬 長福寺(真珠院) 上町実相寺管理

室町時代に「東条吉良氏長福寺殿」の法名をもつ人物の香華寺として創建されたと伝えられる長福寺に伝来する像。現在は釈迦如来とされるが、鋳銅製で左手に刀印(第2指と第3指をのばす)を結ぶことから、善光寺式阿弥陀三尊像の中尊であったものと思われる。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。