三台七曜廿八宿星曼荼羅

ページ番号1002793  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:三台七曜廿八宿星曼荼羅

よみ
さんだいしちようにじゅうはっしゅくほしまんだら
指定・種別
市指定・絵画
員数
1幅
法量
縦98.8cm 横78.8cm
材質
麻本着色
時代
16世紀 李氏朝鮮時代
所蔵
吉良町吉田 宝珠院

太陽・月・北斗七星などの星に仏を対応させた星曼荼羅。中心に熾盛光仏、周囲に日光・月光菩薩、七如来、二十八宿、六星、左輔右輔などが描かれる。熾盛光仏の長く伸びて先に宝珠が付いた肉髻や長い鼻梁、細くつりあがった目、賑やかな群集表現、くすんだ朱や緑色、白を主体とした色調などから、16世紀李朝時代の制作と見られる。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。