最明寺山古墳群

ページ番号1002895  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:西明寺山古墳群

よみ
さいみょうじやまこふんぐん
指定・種別
市指定・史跡
時代
古墳時代
所在
上羽角町・貝吹町 最明寺山~万灯山

市の東端部の丘陵上に所在する6世紀から7世紀にかけて築造された横穴式石室を持つ円墳。これまでに91基の古墳が明らかとなったが、半数近くが牧草地や工場用地の造成によって消滅した。このうち12基については発掘調査が行われ、横穴式石室や副葬品などが見つかった。古墳はデンソー工場敷地内に3基(住崎1号墳・高根1号墳・高根3号墳)、三和小学校校庭に1基(五釜1号墳)移築され、また上羽角町の三の山古墳は遺存状況も良好で気軽に見ることができる。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。