吉良義央の木像

ページ番号1002739  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:吉良義央の木像

よみ
きらよしひさのもくぞう
指定・種別
県指定・彫刻
員数
1躯
法量
像高74cm
材質
木造(寄木造) 彩色
時代
江戸時代
所蔵
吉良町岡山 華蔵寺

華蔵寺御影堂に先祖義安、義定像と並んで祀られている。忠臣蔵で有名な吉良上野介義央(よしひさ)50歳の姿を刻んだもので、自ら彩色を施したと伝えられている。束帯(そくたい)姿で、温厚で気品のある表情からは物語で語られるような人物像は全く感じられず、知性的な印象を受ける。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。