長圓寺山門

ページ番号1002767  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:長圓寺山門

よみ
ちょうえんじさんもん
指定・種別
市指定・建造物
員数
1棟
時代
江戸時代 寛永7年(1630)
所在
貝吹町 長圓寺

江戸時代の大名・旗本家である板倉六家の菩堤寺・長圓寺は、寛永7年に板倉重宗によって伽藍が整備されたが、天明8年(1788)の火災によって多くの堂宇を焼き、肖影堂とこの山門のみが遺った。一間の薬医門で本瓦葺。飾り気は少ないが、木割りも太く、堂々とした17世紀初期の山門である。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。