下永良のバクチノキ

ページ番号1002913  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:バクチノキ

よみ
しもながらのばくちのき
指定・種別
市指定・天然記念物
所在
下永良町 個人宅

一名ビランジュとも称し、葉は鎮咳剤として用いられた。バラ科の常緑高木で、常に灰褐色の樹皮がはがれているため、ばくちに負けて丸裸にされる様子に例えて名がついたという。大坂の適塾の緒方洪庵に入門して蘭方医学を学んだ加藤宗竜(1841~1873)が自家の裏へ植栽したものとみられる。市内では他に上永良町神明社、下永良町一ノ宮社境内に植えられている。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。