枯木宮貝塚

ページ番号1002758  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:枯木宮貝塚

よみ
かれきのみやかいづか
指定・種別
県指定・史跡
指定面積
8,456平方メートル
時代
縄文時代晩期
所在
寺津町・巨海町

枯木宮貝塚は碧海台地の南端に近い東斜面にあり、指定地は西尾市立寺津中学校校庭の東側約半分である。出土品は寺津式土器と呼ばれる縄文晩期の土器が中心で、数次にわたる発掘調査で27体の人骨が出土し、三体合葬人骨、盤状集積葬人骨や抜歯・叉状研歯・単尖研歯などの風習を示す人骨も発見されている。また、埋葬犬骨や獣魚骨の加工品も出土している。

発掘調査の成果は次のページをご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。