西尾のてんてこ祭

ページ番号1002754  更新日 2021年4月21日

印刷大きな文字で印刷

写真:てんてこ祭り1

写真:てんてこ祭り2

よみ
にしおのてんてこまつり
指定・種別
県指定・無形民俗
開催地
熱池町 八幡社

毎年正月3日に行なわれる五穀豊穣を祈念する農業祭。平安時代に清和天皇の大嘗会(だいじょうえ)の悠紀斎田(ゆきさいでん)にこの地が選ばれたことにちなんで始まった祭りと伝えられる。赤い衣装に身を包んだ6人の男が神社に向けて行列し、うち3人は男根を模した大根を腰につけ、「てんてこ、てんてこ」という太鼓の囃子にあわせて腰を振って奇妙な格好で行進する。神社の境内に着くと竹箒で藁灰を撒き散らし、観客にかける。この灰をかぶると厄除けになるといわれている。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
〒445-0847 西尾市亀沢町480番地

電話
  • 庶務:0563-56-6660
  • 文化財:0563-56-2459
  • 市史編さん:0563-56-8711
ファクス
0563-56-2787

教育委員会事務局文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。