インフルエンザへの対策について

ページ番号1002473  更新日 2023年11月10日

印刷大きな文字で印刷

インフルエンザの状況について

現在、愛知県に「インフルエンザ警報」が発令されております。
 ※警報発令の基準:全県平均で定点医療機関当たり「30」を上回った場合

今回の警報は2019/20シーズン以来4年ぶりの発令であり、過去10年で一番早い時期での発令になります。

インフルエンザの今後の感染拡大を抑え、新型コロナとの同時流行も防ぐため、市民の皆様には、基本的な感染対策をお願いいたします。

みんなで予防インフルエンザポスター

感染対策について

基本的な予防方法

インフルエンザの基本的な予防方法は下記のとおりです。

  • 帰宅時はもちろん頻繁にうがいや手洗いをする
  • 人混みへの外出はできるだけ避ける
  • 過労を避け、十分な睡眠、栄養、保温に心がけて体調を整える
  • 室内は加湿器などで適度な湿度を保つ

マスクの着用

医療機関を受診する時、高齢者施設などへ訪問する時等は、マスクの着用を推奨します。また、混雑した場所に行く時には、感染から自身を守るための対策としてマスクの着用が効果的です。

※子どものマスク着用ついては、保護者や周りの大人が、個々の子どもの体調に十分注意をお願いします。

※マスクの着用は個人の判断に委ねられるものではありますが、事業者が感染対策上又は事業上の理由等により、利用者又は従業員にマスクの着用を求めることは許容されます。ただし、障害特性等により、マスク等の着用が困難な場合には、個別の事情に鑑み、差別等が生じないよう十分配慮をお願いします。

 

症状がある場合

咳や痰などの症状がある場合は、他の人への感染を防ぐため、また周りの人を不快にさせないためのマナーとして、以下の「咳エチケット」を心がけることをお願いします。また、かかりつけの医療機関等で受診する場合は、事前に電話をして、待機場所など受診方法を確認しておきましょう。

  • 他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
  • マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて 1m以上離れましょう。
  • 手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗 いましょう。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

予防接種

インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます。

特に、定期の予防接種の対象となる65歳以上の方や疾患のある60~64歳の方は、ワクチンの接種をご検討ください。

なお、インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンは医師の判断により同時に接種することが可能です。

 

相談窓口

西尾保健所

開設場所

西尾市寄住町下田12

電話:0563-56-5241

ファクス:0563-54-6791

開設時間

平日 午前9時から午後5時まで

西尾市保健センター

開設場所

西尾市熊味町小松島32

電話:0563-57-0661

ファクス:0563-54-7866

開設時間

平日 午前8時30分から午後5時15分まで

その他

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課(西尾市保健センター内 1階)
〒445-0071 愛知県西尾市熊味町小松島32番地

電話
0563-57-0661
ファクス
0563-54-7866

健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。