郵送請求とは、窓口に行かなくても申請できる方法です。
ただし、申請する人との続柄や使用目的によっては、交付できない場合や、委任状が必要になる場合があります。
不明な点は事前にお問い合わせください。
※独身証明書は、ご本人しか請求することができません。
 

郵送請求の方法

送っていただくもの

1.申請書
 申請書の様式は下記の表から選んでください。
 ※申請書には日中に連絡のとれる電話番号を記入してください。
2.返信用の封筒
 申請者の住所、氏名を記入のうえ、84円切手を貼ってください。
 ※2から3通以上の請求の場合、84円以上必要になる可能性がありますので多めに切手を同封してください。
 ※速達(+290円)、簡易書留(+320円)、特定記録(+160円)等で返信を希望される方は、種別を明記の上、その分の切手を追加して貼ってください。     
 ※戸籍の謄抄本等の個人での申請の場合は、返送先は住民登録地に限られますので、ご注意ください。

3.料金分の定額小為替
   ゆうちょ銀行または郵便局で購入できます。 ※記入、切り離しはしないでください。
4.申請者の本人確認ができるもの   ※現住所が確認できるもの
   1点で確認できるもの…運転免許証、マイナンバーカード(顔写真付)などのコピー
   2点で確認できるもの…健康保険証、年金手帳などのコピー
5.申請される戸籍の中で、申請者と必要な方との続柄が確認できない場合は、続柄のわかる戸籍の写しを添付してください。

送付先

〒445-8501
愛知県西尾市寄住町下田22番地
西尾市役所 市民課 宛
(内線1115) 

※郵便番号とあて名を記入すれば住所は省略できます。

返送までの日数

郵便事情の関係もありますので、1週間前後かかります。
お急ぎの場合は、速達で送っていただき、返信用封筒に赤字で「速達」と記入し、通常郵便料金に加えて速達料金290円分の切手を貼ってください。
 

申請書・委任状の様式

リンクをクリックすると申請書が出てきます。印刷してお使いください。

(※)の証明書等の詳細については、税務課(電話0563-65-2124)、収納課(電話0563-65-2130)にお問い合わせください。

証明書名称

手数料 申請書

住民票の写し

 

法人が請求する場合は法人請求についてをご覧ください。

200円

申請書.pdf [115KB pdfファイル]  xls [81KB xlsファイル] 

 

委任状.pdf [80KB pdfファイル]  

住民票記載事項証明書 100円
戸籍事項証明

(戸籍謄抄本)

450円

申請書.pdf [88KB pdfファイル]  xls [62KB xlsファイル] 

 

委任状.pdf [95KB pdfファイル] 

除籍(改製原戸籍)謄抄本 750円
戸籍の附票 200円
届出書記載事項証明書 350円
届出書受理証明書 350円
身分証明書 300円
独身証明書 100円 申請書.pdf [89KB pdfファイル]  xls [60KB xlsファイル] 
(※)土地家屋評価証明書 (税務課) 200円 申請書等の様式および詳細は税務課
(※)土地家屋公課証明書 (税務課) 200円 申請書等の様式および詳細は税務課
(※)資産証明(車庫証明用)(税務課) 200円 申請書等の様式および詳細は税務課
(※)公図の写し (税務課) 100円 申請書等の様式および詳細は税務課
(※)名寄帳の写し (税務課) 10円 申請書等の様式および詳細は税務課

(※)その他 固定資産課税台帳の閲覧・証明(税務課)

 

申請書等の様式および詳細は税務課

※手数料は閲覧・証明の種類により異なります。

(※)所得・課税証明書 (税務課) 200円 申請書
(※)扶養証明書 (税務課) 200円 申請書
(※)事業証明書 (税務課) 200円 申請書
(※)納税証明書 (収納課) 200円 申請書
(※)軽自動車税納税証明書 (収納課) 無料 申請書
転出証明書 無料

申請書.pdf [33KB pdfファイル]  xls [25KB xlsファイル] 

申請書(特例用).pdf [37KB pdfファイル]  xls [26KB xlsファイル] 

合併証明書 無料 申請書.pdf [38KB pdfファイル]  xls [26KB xlsファイル] 
名称地番変更証明書 無料 申請書.pdf [32KB pdfファイル]  xls [36KB xlsファイル] 
不在住・不在籍証明書 100円 申請書.pdf [23KB pdfファイル]  doc [15KB docファイル] 

 

よくある質問  

質問

私は北海道に住んでいます。母が亡くなり、銀行で原戸籍謄本と除籍謄本を取るように言われました。市役所に行ったところ「母の結婚前の本籍は西尾市なので西尾市で取ってください」と言われました。どうしたらいいのでしょうか?

答え

原戸籍謄本、除籍謄本と一言で言っても、1人の方が生まれてから亡くなるまでに、3から5通くらいの除籍謄本があります。その中でどの部分が必要なのか、銀行にご確認ください。

  • 出生から死亡まで(3から5通、2250円から3750円)
  • 16歳ぐらいから死亡まで(3から4通、2250円から3000円)
  • 婚姻から死亡まで(3から4通、2250円から3000円)
  • 出生から婚姻まで(1から3通、750円から2250円)
  • 死亡したことがわかれば良い(1通、750円)

 などがありますので、申請書に、「母の出生から婚姻までの除籍謄本を各1通。」と記入してください。

 なお、枚数と金額は目安ですので、それぞれの状況によって異なります。
(余った分については、返還いたします。また、不足の場合には小為替を送っていただいたあとの交付になります)