『マンガで行(ゆ)く 吉良氏800年の旅』(A4版 62ページ フルカラー)

著者

すずき孔 氏

  

吉良氏800年祭で、鎌倉から戦国時代にかけて現在の西尾市域を治めた吉良氏の歴史を誰でも簡単に、楽しく理解していただくため『マンガで行(ゆ)く 吉良氏800年の旅』を作成しました。下のリンクからダウンロードしてください。


内容

家でゲームばかりしていた歴史に無関心な小学生「キララ」が、妖精化した吉良上野介(こうずけのすけ)義央(よしひさ)と共にタイムスリップし、800年前から現在の西尾市域を治めた吉良氏の歴史を見ていくうち、最後は吉良氏や地元の歴史が好きになってしまいます。

本書では、吉良氏初代長氏(おさうじ)、南北朝時代の動乱を駆け抜けた武将満貞(みつさだ)、そして中世吉良氏最後の当主(よしあきら)とその重臣富永(とみなが)伴五郎(ばんごろう)を中心に、誇り高く生きた吉良氏の姿を分かりやすく描いています。

『マンガで行(ゆ)く 吉良氏800年の旅』.pdf [58166KB pdfファイル]