平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月から、「森林の土地所有者届出制度」が始まりました。森林の土地を新たに取得した場合は90日以内に以下のとおり届出が必要です。

届出をする人

個人・法人かによらず、また、森林の面積にかかわらず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得したかた

※ 届出対象となる森林は「地域森林計画」の対象となっている森林です。西尾市内の森林であれば、ほとんどがこれに該当します。登記地目が山林になっていなくても、現況が森林となっていれば該当する可能性があります。該当の土地が地域森林計画の対象となっているかどうかは、西尾市役所農林水産課で確認できます。

※ 次の面積以上の土地の売買契約をしたときは、「国土利用計画法」に基づく事後届出が必要となり、本ページの森林法による届出は不要となります。
市街化区域:2,000平方メートル その他都市計画区域:5,000平方メートル 都市計画区域外:10,000平方メートル
 

届出をする時期

新しく森林の土地の所有者となった日から90日以内

※ 相続の場合、相続開始の日から90日以内に財産分割がされない場合でも、法定相続人の共有物として届出をする必要があります。その場合、後に相続人が確定した時に、再び届出が必要となります。
 

届出の方法

以下のとおり、1の届出書の様式に記入の上、2・3を添付して提出してください。

1 森林の土地の所有者届出書(様式) Word版.doc [27KB docファイル] 

   森林の土地の所有者届出書(様式) PDF版.pdf [46KB pdfファイル]    

  (参考)記入例 [2218KB pdfファイル] 

2 その森林の土地の位置を示す図面 (位置が分かれば任意の図面で結構です。)

3 その森林の土地の登記事項証明書など、届出の原因を証明するもの

  (土地売買契約書、相続(遺産)分割協議の目録、土地の権利書などの写しで結構です。)

【提出先】 西尾市役所農水振興課 林務担当まで