早朝や日が落ちて暗くなりはじめる時間帯に、歩行者や自転車利用者が交通事故にあわないようにするためには、反射材用品等を活用することが効果的です。

自動車の運転者などに早めに自分の存在を知らせることができます。

 

愛知県内で9月から12月に発生した交通死亡事故を分析すると、午後5時から午後7時の時間帯に交通死亡事故が多発しています。
そのため、午後5時から午後7時の間は最も危険な時間、「魔の時間」といえます。

「夕方の5~7(ゴーナナ)は“魔の時間”」を合言葉に、夕暮れ時の交通事故を防ぎましょう。

 

暗い時間帯には、運転者から見えやすいように、明るい目立つ色の衣服を着用したり、靴、衣服、カバン、つえなどに反射材用品等を付けたりするようにしましょう。

 

参考(愛知県警察のホームページ)

反射材付き靴の視認性を検証(外部サイトへリンク)

夕方の5~7は“魔の時間” 夕暮れ時の交通事故防止(外部サイトへリンク)

 

反射材を配布しています

タスキやタックルバンドなどの反射材を配布しています。

希望される方は市役所2階危機管理課窓口へお越しください。

※在庫の状況によって、希望するものをお渡しできないことがあります。

※内容が変わることがあります。

反射材 タスキ

(タスキ)

反射材 タックルバンド

(タックルバンド)