西尾市高齢者後付け安全運転支援装置設置費補助金について

補助金交付の目的

市内に居住する高齢者に対し補助金を交付することにより、運転者の安全運転意識の向上、交通事故抑止と事故被害の軽減を図るとともに、市民の安全と安心に資することを目的としています。

 

補助制度実施期間

令和2年4月1日から令和4年3月31日まで(2年間)

 

補助対象者

自家用車に後付け安全運転支援装置を設置する個人のうち次に掲げる要件を満たす者

  1. 市内に住所を有しており住民登録している、申請年度末時点で65歳に到達する者
  2. 有効期限内の自動車運転免許証を保有している者
  3. 市税及び自動車税を滞納していない者
  4. 暴力団員でない人、暴力団又は暴力団員と密接な関係を有していない者

 

申請年度末時点で65歳に到達する者の例

   例1:令和2年4月1日から令和3年3月31日までの申請分

     → 生年月日 昭和31年4月1日以前の方

 例2:令和3年4月1日から令和4年3月31日までの申請分

     → 生年月日 昭和32年4月1日以前の方

 

補助対象の自動車

次の要件をすべて満たす自動車

  1. 普通自動車、小型自動車又は軽自動車であって、個人の用途に供するもの
  2. 車検証の「自家用・事業用の別」欄に「自家用」と記載されたもの
  3. 車検証の「使用者の氏名又は名称」欄に申請者の氏名が記載されているもの
  4. 後付けの安全運転支援装置を設置することが可能なもの

 

補助対象の装置及び事業者について

国土交通省の性能認定制度を受けている装置で、一般社団法人次世代自動車振興センターの認定を受けた愛知県内の店舗で販売・設置された装置が補助対象になります。

後付け安全運転支援装置、取扱事業者の情報につきましては下記の、一般社団法人次世代自動車振興センターのサイトをご覧ください。

   一般社団法人次世代自動車振興センター(外部サイトへリンク)
 

補助金額

本体費用と設置費用の8割(千円未満切り捨て)

上限額 障害物検知機能付   6万円

    障害物検知機能なし  3万円

※1人につき1回限りとなります。

 

補助金の計算の例

国の補助制度(サポカー補助金)が令和3年度についても継続して実施することが発表されました。

ただし、年度の途中で予算超過となった場合、受付を終了するとのことです。

国の補助制度が終了した場合、同じ年度でも実負担額に差が出ますのでご注意ください。

  

本補助制度(西尾市と愛知県の協調補助)と国の補助制度(サポカー補助金)は併用することができます。

サポカー補助金は、障害物検知機能の有無により、次の額が設置事業者に交付されます。

障害物検知機能付   4万円 

障害物検知機能なし  2万円

そのため、装置の設置費用からサポカー補助金の額を引いた金額を支払うことになります。

 

障害物検知機能付の計算例

総額が10万9000円の場合、実負担額は1万4000円になります。

10万9000(円)-4万(円:サポカー補助金)=6万9000(円) 【支払いの金額】

6万9000(円)×0.8(市の補助率)=5万5200(円)→5万5000(円) 【市の補助金額】

6万9000(円)-5万5000(円)=1万4000(円) 【実負担額】

(支払いの金額が7万5000円以上で市の補助金額は上限額(6万円)になります)

 

国の補助制度が終了した場合

10万9000円【支払いの金額】

10万9000(円)×0.8(市の補助率)=8万7200(円)>6万(円:市の補助上限)

6万円【市の補助金】

10万9000(円)-6万(円)=4万9000(円)【実負担額】

3万5000円の差額 

 

障害物検知機能なしの計算例

総額が5万5000円の場合、実負担額は7000円になります。

5万5000(円)-2万(円:サポカー補助金)=3万5000(円) 【支払いの金額】

3万5000(円)×0.8(市の補助率)=2万8000(円) 【市の補助金額】

3万5000(円)-2万8000(円)=7000(円) 【実負担額】

(支払いの金額が3万7500円以上で市の補助金額は上限額(3万円)になります) 

 

国の補助制度が終了した場合

5万5000円【支払いの金額】

5万5000(円)×0.8(市の補助率)=4万4000(円)>3万(円:市の補助上限)

3万円【市の補助金】

5万5000(円)-3万(円)=2万5000(円)【実負担額】

1万8000円の差額 

 

※総額は設置の内容によって大きく異なります。設置事業者にご確認ください。

※例で使用した総額は令和2年8月までの実際の申請平均額より高額な数字を設定しています。

 

必要書類
  1. 西尾市高齢者後付け安全運転支援装置設置費補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)
  2. 誓約書兼同意書(様式第2号)
  3. 後付け安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第3号)
  4. 自動車検査証の写し
  5. 自動車運転免許証の写し
  6. 住民票の写し(原本)
  7. 完納証明書(原本)
  8. 領収書の写し (後付け安全運転支援装置を設置した際のもの)
  9. 西尾市高齢者後付け安全運転支援装置設置費補助金請求書(様式第6号)
  10. 振込先金融機関の通帳の写し(金融機関名、口座番号及び口座名義が分かる箇所)

 (11. その他市長が認める書類:必要な場合は市からご案内いたします)

※窓口にお越しいただく回数を少なくするため、9(請求書)と10(振込先金融機関の通帳の写し)を申請時にご提出ください。

 

申請手続きの流れ
  1. 装置の取り付け(補助対象者等の要件を確認の上、販売設置業者で取付け)
  2. 補助金の申請(申請書類を揃える)
  3. 申請内容の審査、補助金の交付決定(交付決定後、概ね2か月後に振り込み) 

 

申請期限

後付け安全運転支援装置設置日の翌日から起算して30日を経過する日又は設置日の属する年度の末日(その日が閉庁日の場合はその前の開庁日)のいずれか早い日までに提出してください。 

 

申請受付場所及び受付時間

・申請の受付場所は、危機管理課(市役所本庁舎2階)の窓口のみです。各支所や郵送での申請はできません。

・受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。市役所閉庁日や時間外の申請はできません。

 

申請書などの電子データ

 チラシ [152KB pdfファイル] 

 

 

 申請書兼実績報告書(様式第1号)[23KB docxファイル] 

   申請書兼実績報告書 記入例 [67KB pdfファイル]  

 

 誓約書兼同意書 (様式第2号)[22KB docxファイル] 

   誓約書兼同意書 記入例 [63KB pdfファイル] 

 

 販売・設置証明書(様式第3号) [27KB docxファイル] 

   販売・設置証明書 記入例 [71KB pdfファイル] 

 

 請求書(様式第6号) [35KB docファイル] 

   請求書 記入例 [50KB pdfファイル] 

 

 Q&A [77KB pdfファイル] 

 

 補助金の概要(事業者の方向け).pdf [107KB pdfファイル] 

 

問い合わせ 

 西尾市役所危機管理課 交通防犯担当 電話番号65-2196(直通)