下水道事業に地方公営企業法を適用しました

地方公営企業法の適用(法適用)

 西尾市下水道事業では、長期的に安定した下水道サービスの提供を実現するため、「経営基盤の強化」、「持続可能な事業運営の確立」を図ることを目的として、令和2年4月から地方公営企業法を適用しました。

 

法適用による主なメリット

経営状況の明確化・透明性の確保

 損益計算書や貸借対照表などの財務諸表が作成されるため、経営状況が明確になります。また、これらの経営状況を公開することにより、事業経営の透明性が確保されます。

維持管理時代に合致した経営体制づくり

 下水道サービスを持続的に経営するため、的確な経営改善や判断を行う体制を整えることができます。

 職員の経営意識の向上

 経営状況が明確化されることにより、携わる職員の経営意識の向上が期待されます。

消費税の節税効果

 減価償却の考えの導入により、消費税計算の特例を受け、消費税の節税効果が期待されます。