フォークリフトやトラクタ等は特殊自動車に分類されます。

 特殊自動車には、大型特殊自動車と小型特殊自動車があり、それぞれ異なる税金がかかります。

 

大型特殊自動車

  固定資産税(償却資産)として課税されます。償却資産の申告の対象です。

 

小型特殊自動車

  軽自動車税として課税されます。償却資産の申告の対象ではありません。

  公道を走行しない車両でも、軽自動車税の申告が必要です。

 

 大型特殊自動車、小型特殊自動車の区分や、軽自動車税の対象となる「小型特殊自動車(農耕作業用・その他)」についてはこちらをご覧ください。

 

関連リンク

固定資産税・都市計画税について

償却資産の申告について

償却資産評価のしくみ

償却資産における課税標準額の特例・非課税・減免

借りた家屋で事業を行っている方へ(家屋附帯設備について)

特殊自動車(フォークリフト等)の申告について

太陽光発電設備を設置された方へ

共同住宅や駐車場等の事業に係る償却資産について

わがまち特例について