在宅医療介護連携支援センターとは

医療及び介護の双方を必要とする状態の高齢者等が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療及び介護を一体的に提供するために、居宅に関する在宅医療・介護サービス等の関係機関と連携を推進し、在宅医療介護サービス等に係る情報提供、相談対応、連絡調整等の適正な実施を図る機関です。

在宅医療や介護との連携でお悩みの方は、こちらへご相談ください。一般の方のご相談も可能です。

実施主体

西尾市

設置場所

西尾市寄住町下田22番地 

西尾市役所 長寿課内

電話(0563)65-2120

FAX(0563)64-0995

開庁時間

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、年末年始を除く)

業務内容

  1. 地域の医療・介護の資源の把握
  2. 在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討
  3. 切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  4. 医療・介護関係者の情報共有の支援
  5. 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  6. 医療・介護関係者の研修
  7. 地域住民への普及啓発
  8. 在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携

対 象 

 地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、訪問看護ステーション、病院の地域医療連携室、医療機関、在宅医療介護サービス提供者等