妨害運転罪の創設

令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設されました。

これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となります。

あおり運転で交通の危険のおそれのある違反をした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、違反点数25点、免許取消しとなります。また、著しい交通の危険を生じさせた場合、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、違反点数35点、免許取消しとなります。

 

車を運転する際は、周りの車の動きなどに注意し、相手の立場について思いやりの気持ちを持って、ゆずり合いの運転をすることが大切です。

あおり運転をするつもりがなくても、車間距離を十分にとらない、警音器(クラクション)の危険回避のため以外での使用、急な進路変更など、危険な運転は取締りの対象となります。

今一度、交通ルールを確認し、自分の運転を見直しましょう。

 

警察庁のホームページ 危険!「あおり運転」はやめましょう(外部リンク)

 

違反対象(10類型の違反)

  • 通行区分違反
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反
  • 追い越し違反
  • 減光等義務違反
  • 警音器使用制限違反
  • 安全運転義務違反
  • 最低速度違反(高速自動車国道)
  • 高速自動車国道等 駐停車違反 

他の車両等の通行を妨害する目的でこれらの違反行為を行うと、妨害運転として罰せられます。

 

被害にあったときは

妨害運転を受けるなどした場合は、

  1. 窓や車の鍵をすべてしめる。
  2. サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難する。絶対に車外には出ない。
  3. ためらわずに110番通報をする。

また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

スマホ等で動画や画像を撮ることも推奨されています。しかし、運転手がスマホ等を使用するのは危険が伴いますし、カメラを向けることで相手を逆上させることがありますので注意して活用しましょう。