西尾市から西尾市外や国外へ引越しして住所を変える場合、転出届の提出が必要です。

手続きは西尾市役所市民課または支所へお越しください。 郵送でも手続きできます。転出手続きをすると「転出証明書」をお渡しします。それを持って異動先市町村で転入手続きしてください。

短期間の出張、入院などの場合は必要ありません。

 

いつ

 他市町村に住所を移す14日前から、住み始めて14日以内に届出てください。

 

だれが

本人または西尾市での同一世帯親族の方が届出できます。それ以外の方が届出する場合は、委任状が必要です。

委任状.pdf [155KB pdfファイル] 

 

主に必要なもの

  1. 届出人(来庁者)の免許証、保険証など本人の確認ができるもの
  2. 国民健康保険証(転出される方が国民健康保険に加入しているとき
  3. 印鑑登録証(転出される方が持っているとき)
  4. 介護保険証(転出される方が持っているとき)
  5. 後期高齢者医療被保険者証(転出される方が持っているとき)
  6. 子ども医療受給者証(転出される方が持っているとき)
  7. 届出人(来庁者)の印鑑
  8. 通知カード(国外転出者のみ)

 

郵送による転出届

転出届は郵送で手続きすることもできます。郵送による届出は、原則本人に限ります。

転出証明書送付依頼書 [34KB pdfファイル] 

※詳しくは郵送請求をご覧ください。

 

特例の転出届

マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの交付を受けている方は、転出証明書の交付を受けずに、新住所地で転入届を行うことができます。

届出の期間  住所を移す14日前から、住み始めて14日以内
届出の条件  同時に転出する同一世帯員のうち、どなたか1人が有効なマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを持っている
届出の方法  直接または郵送で市民課または各支所
その他  転入先での手続きは、住み始めた日から14日以内かつ転出予定日から30日以内に行う必要があります。

 

転出にともなうその他の手続き

西尾市から住所を他の市町村に移すと、西尾市でも住所異動の他にもいろいろな手続きが必要です。

下の項目に該当されると思われる方は、一度ご確認いただき、各担当課にお問い合わせください。

なお、これらは代表的な一部の手続きです。その他に分からないことは、担当各課にお問い合せください。

該当項目 必要なものなど 問合先

国民健康保険に

加入している方

  • 国民健康保険証

保険年金課

国民健康保険担当 

後期高齢者医療
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 印鑑

保険年金課

医療担当

子ども医療

母子家庭等医療

障害者医療

精神障害者医療

  • 受給者証
  • 印鑑

障害者手帳を

お持ちの方

  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 預金通帳
  • 印鑑

福祉課

障害者福祉担当

・自立支援担当

母子手当 (児童扶養手当、遺児手当)

申請者の生活状況などによって必要書類が異なります。

※詳しくは子育て支援課こども福祉担当へ。

子育て支援課

こども福祉担当

児童手当
  • 印鑑

介護保険証を

持っている方

  • 介護保険証
  • 印鑑
長寿課
高齢者福祉サービスを受けている方
水道の閉栓
  • 印鑑
  • 給水停止の手続き
水道管理課

市営住宅を

退去する方

詳しくは建築課へ。

建築課

市営住宅管理担当