子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種について

子宮頸がん予防ワクチン接種積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防接種は、平成25年6月14日、接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから「同副反応の発生頻度等が明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」と国において判断されました。

 このことから、当市においても予診票の発送通知等接種勧奨は行いませんが、定期接種を中止するものではありません。

接種を希望する方は、保健センターへ直接または電話でお申し込みください。申し込みから10日程度で「予防接種予診票兼接種依頼書」を郵送します。

リーフレット

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版) [3257KB pdfファイル] 

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版) [4285KB pdfファイル]  

子宮頸がん予防ワクチン相談窓口

下記の厚生労働省ホームページをご参照ください

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/(外部サイトへリンク)

 

対象者

中学1年生から高校1年生相当の女子

接種回数

ワクチンの種類により接種間隔が異なります(下記のとおり) 

ワクチン名 回数 接種間隔
サーバリックス(組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン) 3回

1か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する

ガーダシル(組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン) 3回

2か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する

 費用    

 無料  

 ※対象を過ぎると任意接種(自費)になります。

実施場所

 実施医療機関について

 

問い合わせ先

西尾地区

西尾市保健センター 電話0563-57-0661 FAX0563-54-7866

一色・吉良・幡豆地区

吉良保健センター 電話0563-32-3001 FAX0563-32-3144