市政などについて要望があるときは、どなたでも市議会に請願・陳情を提出することができます。提出された請願・陳情は、所管の委員会で審査され、採択されたものについては、市長などにその実現を求めます。
請願をするには議員の紹介が必要ですが、陳情には必要ありません。

提出方法

  1. 日本語を用いた文書で提出してください。 

  2.  請願書(陳情書)には、請願(陳情)の趣旨、提出年月日及び請願者(陳情者)の住所(法人の場合にはその所在地)を記載し、請願者(法人の場合にはその名称を記載し、代表者)が署名又は記名押印をしてください。請願者(陳情者)が複数の場合は、代表者を定めてください。 

  3. 請願(陳情)の内容がいくつかに分かれている場合は、できるだけ内容ごとに分けて請願書(陳情書)を提出してください。

  4. 請願書の場合は、請願を紹介する議員の署名又は記名押印が必要となります。陳情書の場合は、その必要はありません。

  5. 宛先は議長としてください。 

  6. 休日など(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始)を除き提出できます。 

  7. 請願・陳情の受付締切は、毎定例会の概ね10日前となっており、受付期間を過ぎて提出されたものは、次回定例会で取り扱われます。


    記載例(請願書) [23KB pdfファイル] 

  ※記載例(陳情書) [19KB pdfファイル] 

 

請願者・陳情者の意見陳述

請願者・陳情者の希望により、請願・陳情を審査する委員会において、意見陳述を行うことができます。 

  1. 意見陳述の申出書(様式1号)を議長に提出してください。

    意見陳述の申出書(様式1号) [14KB docxファイル] 
  2. 意見陳述書の提出期限は、毎定例会の請願・陳情締切日と同じです。

  3. 意見陳述の方法 

 (1)実施時期

   審査される委員会において、請願・陳情の審査前に実施します。

 (2)意見陳述できる人数

   請願者・陳情者のうち代表者1人とします。

 (3)陳述時間

   請願・陳情1件につき、5分以内とします。

 (4)書類等の配布

   その場において書類等の配布はできません。

(5)質疑

 議員から陳述者に質疑ができますが、陳述者から議員への質疑はできません。

(6)その他

 ・質疑の後は、速やかに退室をお願いします。ただし、傍聴の許可を得た者である場合は除きます。

 ・意見陳述は、あらかじめ指定された席で行います。