市長が職員に向けて月に一度メッセージを発信していますので、その内容を掲載します。

 

令和2年8月3日(月曜日) 

おはようございます、市長の中村健です。

昨日まで行われていた、大相撲の7月場所において、地元吉良町出身の魁勝さんが、5勝2敗という堂々の成績を収められました。

来場所の番付は、勝ち越せば十両入りが狙える位置になることが見込まれ、再び関取となることが大いに期待されます。

また、7月場所においては、照ノ富士関が見事に優勝を果たしました。

照ノ富士関は、元大関で、行く行くは横綱になる実力を持ちながら、度重なる怪我や病気に見舞われ、幕内から十両、十両から幕下、幕下から三段目、三段目から序二段へと番付が下がることとなりました。

何度も辞めたいと思い、親方に相談したそうですが、親方からの説得に応じ、まずは怪我や病気を治すことに専念したそうです。

逃げず、諦めず、目の前の困難を乗り越えるために頑張り続けたことが、本人の素晴らしい快挙に繋がるとともに、多くの人の感動を呼び起こしたものと思います。

そしてこれが、スポーツが持つ大きな力だと、私自身は考えています。
日本では、来年に東京オリンピックの開催が予定され、愛知県では、2026年にアジア競技大会の開催が予定されています。

これらの大会を通し、多くの国民、県民のみなさんが、アスリートたちの一挙手一投足に感動するものと思います。

そして西尾市でも、ハード面・ソフト面の双方で、スポーツの充実が図れる環境をこれから整備していきます。

健康増進、観光振興、老若男女が一つになって応援できる等、スポーツには様々な力が秘められていることから、まちづくりにおける一つの核として考えていますので、よろしくお願いします。

以上で、朝の館内放送を終わります。
 

過去の館内放送