⾏政不服審査制度は、西尾市による処分等や不作為(申請等に対して何ら処分をしないこと)に対して不服があるときに、不服申立てをすることができる制度です。

審査請求の対象

 以下の行為等によって、権利や利益を侵害されるようなことがある方は審査請求をすることができます。代理人に委任して審査請求することもできます。

  • 西尾市が行う処分、その他公権力の行使に当たる行為
  • 申請に対する不作為(何ら処分をしないこと)

 ただし、次のようなものは審査請求することができません。

  • 議会の議決によってされる処分
  • 制度に対する不満、職員の対応への苦情など、処分や不作為に該当しないもの

 具体的な事案が審査請求の対象になるかどうかは、その事案の担当課にご相談ください。

 

審査請求をすることができる期間

 西尾市が行う処分があったことを知った日(通知が自宅に届いた日など)の翌日から3か月以内に審査請求する必要があります。申請に対する不作為の場合は、申請から相当の期間が経過し、不作為が続いている間はいつでも審査請求することができます。

 

一般的な審査の流れ

 行政不服審査の流れ

 審理は審査請求の対象となっている処分に関わっていない職員が行います。この職員を審理員といいます。

 審査請求には費用はかかりません。ただし、資料の写し等を交付する際の費用は負担していただくことがあります。

 西尾市行政不服審査会は、審査の諮問に基づき、審理員が行った審理手続きの適正性や法令解釈を含めて、第三者の立場から審査庁の判断の適否を審査する機関です。審査庁は審査会からの答申を得て、裁決します。

 

 西尾市行政不服審査会(別ページ)

   

 

 

 

 審査請求の方法

 審査請求書を正副2部作成してご提出ください。

 

提出先 総務部総務課文書担当

  

裁決の公表

 西尾市の審査庁が行った裁決の内容については以下のとおりです。

令和2年度分

令和元年度分

平成30年度分