新型コロナウイルスの感染症対策分科会から「感染リスクが高まる5つの場面」について政府に提言がありました。年末年始に向けて飲食や会食の機会が増加し感染リスクが高まることが懸念されますので、市民・事業者の皆様には、具体的な場面をイメージし、感染予防に意識した行動をお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」とは

場面1 飲酒を伴う懇親会等

・飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また聴力が鈍麻し、大きな声になりやすい。

・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。

・また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

場面2 大人数や長時間におよぶ飲食

・長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。

・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

場面3 マスクなしでの会話

・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。

・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。

・車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。 

場面4 狭い空間での共同生活

・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。

・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

場面5 居場所の切り替わり

・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。

・休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

 感染リスクが高まる「5つの場面」.pdf [441KB pdfファイル] 

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫も心がけましょう。

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫.pdf [599KB pdfファイル]