ひとり親世帯への臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金(令和2年度1回限り)を支給します。

 

支給対象者

【基本給付】
 ①令和2年6月分の児童扶養手当を受給している方
 ②公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当を受給していない方
  ※児童扶養手当の支給制限限度額を下回る所得の方に限ります。
 ③新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が、児童扶養手当の対象となる水準に下がった方

【追加給付】
 上記①②の方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった方
  

支給金額

【基本給付】
 1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

【追加給付】
 1世帯5万円

  

申請手続き

【基本給付】
 ①の対象の方は、申請は不要です。
  ※以下の場合は手続きが必要です。子育て支援課へ連絡し、下記の届出書をご提出ください。

 ②③の対象の方につきましては、8月以降、子育て支援課へ申請書を提出してください。(申請期限は、令和3年2月28日まで)

【追加給付】
 現況届の提出時にあわせて、収入が大きく減少しているとの申し出を行ってください。(申請期限は、令和3年2月28日まで)
 

支給予定日

【基本給付】
 ①の対象の方は、令和2年8月末
 ②③の対象の方は、申請書を提出された方から9月以降に随時支給

【追加給付】

 申請書を提出された方から9月以降に随時支給

 

その他注意事項

  • 市が振込口座に給付金の振込手続を行ったにもかかわらず、口座解約・変更等の理由により、令和3年3月末日までに振込ができなかった場合には、給付金は支給されません。
  • 申請書に不備があり、市が確認等を行っても申請書の補正が行われないなど、申請者の責任により、令和3年3月末日までに支給ができなかった場合には、給付金は支給されません。
  •  給付金の支給を受けた後に、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた場合は、支給した給付金の返還を求めます。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

ご自宅や職場などに西尾市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合はすぐに西尾市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

 

参考

ひとり親世帯への臨時特別給付金

厚生労働省ホームページ(外部リンク)