新型コロナウイルス感染症関連の月統計

ページ番号1004672  更新日 2022年11月7日

印刷大きな文字で印刷

ワクチン接種の進捗状況(11月4日時点)

初回(1回目2回目)接種及びオミクロン株対応ワクチン接種

令和4年4月の集計から、対象者の抽出方法が変更になり国に合わせています。(VRS:ワクチン接種記録システムより抽出) 

対象者数

1回目接種者数

2回目接種者数

オミクロン株接種者数

164,391人(全対象者:12歳以上)

133,884人

87.7%

133,427人

87.4%

6,103人

4.0%

109,059人(12歳~64歳)*再掲

92,724人

85.0%

92,310人

84.6%

4,598人

4.2

 43,661人(65歳以上)*再掲

41,160人

94.3%

41,117人

94.2%

1,505人

3.4%

接種率の分母は、国のVRS(ワクチン接種記録システム)から抽出した12歳以上の人口です。

 

小児接種(初回接種)

対象者数 1回目接種者数 2回目接種者数 オミクロン対応
11,671人(5~11歳)

1,505人

12.9%

1,433人

12.3%

未承認

接種率の分母は、国のVRS(ワクチン接種記録システム)から抽出した5~11歳の人口です。

年代別ワクチン接種

オミクロン株対応ワクチンの入荷情報(ファイザー社製、モデルナ社製:市内医療機関・集団接種実施分)

ワクチン種類 入荷分 入荷予定分
ファイザー社製(オミクロン株対応) 67,860回分入荷済み 11月27日までに49,140回分入荷予定
モデルナ社製(オミクロン株対応) 7,650回分入荷済み 入荷予定
ファイザー社製(小児用:従来株) 12,100回分入荷済み 11月20日までに500回分入荷予定
ファイザー社製(乳幼児用) 5,300回分入荷済み 11月20日までに2,300回分入荷予定

 *ワクチンは、接種希望者数に合わせて国に要求しています。

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況のまとめ

令和2年4月以降の西尾市の新型コロナウイルス患者の発生状況をまとめました。

感染者の発生から令和4年10月までの概況

令和2年4月1日以降、令和4年10月までに32,048例が発生しました。

9月26日から市内の医療機関から報告があった件数を感染者の累計としています。性別や年代についての報告は、以下の4項目に該当する方のみとなりましたので、今までのように項目毎の累計をすることが出来なくなりました。

届け出の詳細が必要な人
①65歳以上の方
②入院を要する方
③重症化のリスクがあり、コロナ治療薬の投与又は新たに酸素投与が必要と医師が判断する方
④妊婦の方

令和4年10月の概況

10月の新型コロナウイルス感染症の発生状況は1,029人です。

令和2年4月~令和4年10月末までの新規感染者数(県の発表日を基準として作成)

9月に比べ10月の感染者は減少しましたが、下旬から増加傾向です。第7波の入口とグラフの形が類似しているため、今後の感染者数の動向が気になります。

令和2年4月から令和4年10月までの感染者数

年度別月別感染者数

年度別月別感染者

市民の皆様へ

今冬は季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が心配されています。この二つの疾患は症状がよく似ているため、鑑別しにくい特徴があります。また、同時に感染すると重症化のリスクが高まるとされています。季節性インフルエンザにかかっても、ワクチン接種をしていればある程度、重症化予防が可能です。新型コロナウイルスワクチンもオミクロン株対応ワクチンの接種ができます。自分と大事な人を感染の脅威から身を守るためにも、個人ができる状況に合わせた感染予防の対策を行いましょう。また、感染に関する誤った情報や接種をしていないという理由で誹謗中傷をしたり、風評被害を発生させることはやめましょう。

今月からインフルエンザの流行状況も掲載していきます。

保健所別季節性インフルエンザの発生状況

インフルエンザ発生状況
保健所管内のインフルエンザの発生状況が分かります。図は11月4日時点のものですが、西尾保健所管内(西尾市、幸田町)でのインフルエンザの発生はありません。

 

 

受診や検査の相談窓口

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課(西尾市保健センター内 1階)
〒445-0071 愛知県西尾市熊味町小松島32番地

電話
0563-57-0661
ファクス
0563-54-7866

健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。