西尾いきものふれあいの里紹介

センターゾーン

いきものふれあいの里全景

里を訪れた時、最初に出会うのがこの風景です。 

中央の真っ直ぐな道路の行き着く先は、駐車場、その右に里のインフォメーションセンター
の建物があります。センターの後ろはご覧のように里山が西から東へと連なっています。

 

   今では珍しい養蜂箱(ミツバチの巣箱) 
 を見ることが出来ます。駐車場の西側に
 設置されています。
  ただし、この養蜂箱は里が設置したもの
 ではありません。
また、ミツバチを驚かし
 たりすると危険なので、決して近づかない
 ようお願いします。

 

では、いきものふれあいの里(以後”里”と呼びます)を紹介しましょう。 

 

   駐車場です。右手にセンターの建物が
 あり、左奥の方にいきものふれあいの里
 の説明版(下:拡大写真)が皆さんを迎え
 てくれます。
 

 

 

  里は左図の赤円に示されるように大きく
 センターゾーンとサブゾーンの二つのゾーン

 に分けられ、それぞれのゾーンはさらに小さ
 なエリアに分けられています。
  では、各ゾーンについて見ていきましょう。

 

 

センターゾーン

  センターの建物付近のセンタースポット  
 (ビオトープガーデン)
と東側の里山とへ続く
 道沿いに小草池があり、さらにその奥にある
 棚田と含めた里山エリアトンボの里、これ
 らの4エリアがセンターゾーンの主なエリアで
 す。
 


 

センタースポット(ビオトープガーデン)


 センター前の下の池
  このエリアには、ナガバオ
 モダカ
ガマが、池のまわり
 ではムラサキサギゴケ
 オバコ
ヤハズソウなどが
 観察できます。
 

 

 センター手前から小草池、里山ゾーンへと続く道。
その右手にはハナショウブショウブアサザ
などの水棲植物が観察できる散策道のあるゾ
ーンが設置されています。
 

 

 

 小草池

 
  灌漑用のため池として造られた小草池、
 貴重な水鳥たちの憩いの場となっている。
 冬になるとオシドリ、カワウ、マガモ、コガモ、
 ヨシガモ、オオバン
などがやってきます。

 

里山エリア

  

 

  小草池を右に見て、道を進むとすぐ右手
 にオオバヤシャブシが目に入ってきます。

 

  


 

 さらに進むと、道は左右に分岐します。万
灯山、山頂へと先を急ぐ人は左の道を、ゆ
っくり里山の風景を楽しみたい人は右の道
を選んでください。
 ここでは右の道を行きます。

 

 棚田エリア

   田んぼを取り巻く環境は、小川や土手、畑
 畦道(あぜ道)、里山の縁と変化に富んでい
 ます。その環境が多くの昆虫や植物を育んで
 います。このエリアにリンドウ、ワレモコウ、イ
 チョウウキゴケ
などの植物。
  ヒメタイコウチ、シュレーゲルアオガエル
 生活しています。

 

 

 ※どれも希少で貴重な動植物です。      
 ※
注意:畦道や土手は柔らかく崩れやすい
  ので、指定の観察ルートからはずれない
  ようお願いします。

 

 

  秋の刈り入れ前の稲田です。

  整備されたこの地域は昔の里山の原風景と 
 なっています。

 

 

ハンノキ広場

 棚田を後ろに見て、柿の木畑(右写真)を通り 
抜けると小川にかかった橋を渡ります。橋の正
面にハンノキエゴノキが迎えてくれます。その
右手にはカワラハンノキのあるハンノキ広場が
あります。

 

  

 左:ハンノキ広場

  下:エゴノキとハンノキ

  下:ハンノキ広場

 

中央広場

ハンノキ広場を進むと、2番目の橋があります。その右側にこんな看板があります。

  里のあちらこちらにマムシ注意の看板が
 設置されています。

  観察コース両脇の草むらには、強い毒を
 持ったマムシヤマカガシが潜んでいま
 す。十分注意してください。

 

  下:橋の左側に大きなアベマキの樹木が
  フジのつるを全身に巻き付けて迎えてく
  れます。
下:中央広場には、間伐材で作られた
  テーブルとイスが用意されています。 

  下:中央広場の奥、ベニバナマンサクさら
 に右手小川の向こうに黄色のマンサクが春
 が来たことを真っ先に伝えてくれます。

 

トンボの里

下:トンボの里の庵(いおり)観察舎

  下2枚:モウソウチクに囲まれたトンボの里には3つの池が
 あり、四季それぞれの景観を見せてくれます。この池でもカ
 エルの卵や数種類のトンボなどが見られます。

こちらはセンターゾーンの紹介でした。

  

 

 

 

西尾いきものふれあいの里ネイチャーセンター
西尾市家武町小草3番地
TEL 0563-52-0266