尾崎士郎記念館

 長編小説『人生劇場』で一世を風靡した尾崎士郎(おざきしろう)は明治31年に愛知県幡豆郡横須賀町(現西尾市吉良町)に生まれた作家です。当館は、「士郎さん」として地元で親しまれている尾崎士郎の事績をしのび、平成14年に開館した記念館です。

 展示品はほとんどが士郎さんのご遺族である尾崎清子氏、俵士氏親子をはじめ周辺の皆さんから寄贈されたものばかりです。これらの遺品は細かいものまで含めると4,000点以上になります。なかでも逸品は、昭和8年3月から旧都新聞(東京新聞)に連載された『人生劇場 青春篇』の挿絵の原画です。画家は中川一政翁で、その絵は「噛みしめればしめるほど味が出る素朴な画風」と評されるように、絶妙なものがあります。

 ほかにも、士郎さんの直筆原稿、書簡、著書、学校資料、人生劇場映画資料、芝居等の台本、扁額、愛用品等の遺品を順次公開します。

※本来は尾崎士郎の「崎」のつくりの上は「大」ではなく「立」ですが、文字化けを避けるために「崎」で表しています。

  

 

『人生劇場 残侠篇』函原画 中川一政画

 

ただいまの企画展

「伊東在住時代の尾﨑士郎

 今回の企画展では、士郎が伊豆の伊東(静岡県)に居を構えた昭和19年から29年までを紹介します。

 尾﨑士郎は太平洋戦争の開戦に合わせて陸軍報道班員に徴用され、フィリピンで約1年間の軍隊生活を送りました。帰国後は従軍体験を題材にした作品を多数執筆するとともに、文学報国会の理事の要職に就きました。

 戦況が厳しさを増した昭和19年、学童疎開が始まると士郎は知人の紹介で縁のあった伊東に、娘の一枝と妻の清子を疎開させることにしました。士郎は東京の自宅と伊東を往復する生活を送りますが、次第に伊東での生活が中心となりました。

 敗戦後は世の中の雰囲気が一変し、文化人らの戦争責任を追及する世論が盛り上がります。政府は軍国主義者の公職追放を実施し、士郎も昭和23年5月から25年10月まで政治的な言動を禁止されました。

 昭和23年5月、士郎は50歳で長男を授かり、再び人生の活力を取り戻します。親友の坂口安吾を伊東に呼び寄せ、人間的魅力に満ちた士郎の周りには、地元在住の文化人や、文学青年らが集まり、親しく酒を酌み交わすようになります。士郎を取り巻く伊東の有志によって雑誌『山彦』『篝火』が発刊され、戦後の伊東の文化に大きな影響を与えました。
 

 

これまでの企画展

第24回「尾崎士郎記念館名品展」.pdf [2049KB pdfファイル] 

第22回「政治青年から文学者への道」.pdf [737KB pdfファイル] 
第20回「新収蔵品展」.pdf [1871KB pdfファイル] 
第19回「士郎と郷土三河」.pdf [1204KB pdfファイル] 
第18回「士郎作品と中川一政の挿絵・装丁の世界」 [1812KB pdfファイル] 
第17回「昭和39年2月19日逝去 追悼 尾﨑士郎」 [419KB pdfファイル] 
第16回「尾崎士郎と酒」 [333KB pdfファイル] 
第15回「生家辰巳屋と三等郵便局 -小説に描かれた横須賀村- 」 [481KB pdfファイル] 
第14回「人生劇場 -青春篇- 」 [1364KB pdfファイル] 
第13回「空想部落 -馬込文士村- 」 [92KB pdfファイル] 
第12回「士郎さんの所蔵品」 [807KB pdfファイル]
第11回「関ヶ原と士郎さんの好きな武将」 [1444KB pdfファイル]  
第10回「人生劇場 -義理と人情- 」 [121KB pdfファイル] 
第8回「飄々録 -士郎回想- 」 [460KB pdfファイル] 

 

お知らせ

尾﨑士郎没50周年を記念して、「尾崎士郎賞」を創設しました。

第5回尾崎士郎賞 作品募集について

 

ご利用案内

開館時間   

午前9時から午後5時まで

休館日     

月曜日(祝日・休日の場合は開館)、年末年始(12月29日から1月3日)
 

休館日カレンダーをご覧ください。 

入館料 

高校生以上 1人300円(中学生以下は無料)   
団体割引(20人以上) 1人250円
旧糟谷邸、尾崎士郎記念館、書斎とを併せた金額です。

住所     

西尾市吉良町荻原大道通18-1 吉良図書館となり 

交通     

名鉄西尾線吉良吉田駅下車 徒歩20分

東名岡崎インターまたは音羽蒲郡インターから 車で約40分 
*吉良図書館の駐車場をご利用ください。

アクセスマップ(別ウインドウで開きます)

電話     

0563-32-4646  

*団体見学のご予約はこちらへお電話ください。

*施設内の解説をご希望の方は、観光ボランティアガイド「吉良あないびとの会」へお問い合わせください。