「新編西尾市史だより」

『新編西尾市史』編さん活動のようすや最新の調査成果をお知らせします。1年に1回発行。市内公共施設などで無料配布します。

下よりPDF版をダウンロードできます。 

 

『新編西尾市史研究』

市史編さん活動による最新の成果を論文・資料紹介・調査報告などの形で紹介します。

毎年4月上旬発刊。

西尾市岩瀬文庫1階休憩室、市資料館で好評頒布中です。通信販売は、お問い合わせください。

 

第1号 平成27年3月31日発行 A4判 85ページ 完売しました

口絵 天竹神社所蔵の須恵器壺/広島市立中央図書館所蔵「浅野文庫所蔵諸国古城之図」より「小島城図」 
『新編西尾市史研究』の発刊について……………… 榊原 康正
『新編西尾市史』編さんの開始にあたって ………… 金田 章裕
『新編西尾市史』編さん計画の概要 
延暦十八年の崑崙人(天竺人)の参河国漂着と綿種の伝来 ……………田島 公
付録1 天竹町天竹神社と崑崙人漂着伝承に関する史料について ……神尾 愛子
付録2 西尾市岩瀬文庫蔵『幡豆郡天竹村旧記』の綿種渡来伝承 ……林 知左子
付録3 天竹神社所蔵の須恵器壺 …………………………………………三田 敦司
永禄年間の三河国争乱と幡豆小笠原氏 … …………………………………小川 雄
江戸幕府初代京都所司代板倉勝重の出自と登用… ……………………… 小林 輝久彦
小島城について … ……………………………………………………………石川 浩治
板倉重矩編著『自心受用集』 翻刻と解題   ………………………・……湯谷 祐三
宝永地震の西尾城 『楽只堂年録』と蓬左文庫所蔵西尾城絵図  ……・…浅岡 優
平成26年度の主な活動記録

  

第2号 平成28年3月25日発行 A4判 76ページ 500円

口絵 華蔵寺(吉良町)「禅定尼像」/常福寺(刈宿町)不動明王立像
室遺跡の再検討―掘立柱建物跡の復元を中心に― …………………………鈴木 正貴
地域社会の近代化と農民の〝日常〟
―幡豆郡幡豆村七番組『牧野日記』をとおして(1)― …………………岡田 洋司
中世における吉良氏と高氏―室町期南九州の史料に見る伝承と史実― …谷口 雄太
西尾市で発見されたヒロマキミズマイマイと近縁種について
………………………………… 川瀬 基弘・鳥居 亮一・松原 美恵子・森山 昭彦
西尾市の岩石と地質―主に採石場の岩石から― ……………………………吉村 暁夫
華蔵寺蔵「禅定尼像」について………………………………………………本田 光子
常福寺本堂・善光寺堂の仏像
―常福寺阿弥陀如来坐像(本堂本尊)・阿弥陀如来立像(善光寺堂安置)
の美術史学的調査、ならびに不動明王立像表面仕上げの自然科学的調査―
……………………………………………………………………山岸 公基・青木 智史
平成27年度の主な活動記録

 

第3号  平成29年3月25日発行 A4判 110ページ 700円 

口絵  幡頭神社(吉良町宮崎)獅子頭・獅子・鬼神面/佐久島弁財天(一色町佐久島)弁財天坐像 
三河吉良氏と京都本光院…………………………………………………小林 輝久彦
西尾藩主松平乗寛時代の財政改革………………………………………堀江 登志実
地域社会の近代化と農民の〝日常〟
―幡豆郡幡豆村七番組『牧野日記』をとおして(2)―……………岡田 洋司
清水遺跡に関する稲垣晋也氏草稿と人類学博物館資料
………………………………………………………………………………浅岡 優・黒澤 浩 
徳川美術館所蔵の八王子貝塚出土注口土器について…………………川添 和暁 
西尾市のミカワギセルについて
―愛知県指定天然記念物(西尾市のミカワギセル生息地)および模式産地(三ヶ根山)を調査して―
………………………………………………川瀬 基弘・西尾 和久・松原 美恵子・森山 昭彦 
幡頭神社の獅子頭・鬼神面・獅子狛犬 …………………………………伊東 史朗 
佐久島弁財天坐像について ………………………………………………見田 隆鑑
付録 佐久島弁財天坐像銘文について― 附昭和四年「弁財天略由来」翻刻―
………………………………………………………………………………村瀬 貴則
国宝金蓮寺弥陀堂の年輪年代調査 ………………………………………光谷 拓実
平成28年度の主な活動記録
新編西尾市史中間報告展Ⅰ/特別講座「市史編さんの現場から」
刊行物のご案内

 

第4号  平成30年3月25日発行 A4判 120ページ 700円 

 口絵  地蔵菩薩立像(個人蔵)/『兵範記』紙背文書
『兵範記』・同紙背文書に見える西三河の荘園の基礎的研究
 ―三河国幡豆郡吉良荘、碧海郡志貴荘・碧海荘を中心にー…………田島 公
『吉良家日記』関連史料の翻刻と紹介─その一─……………………平井 誠二・水村 民之
加藤家文書『冨好新田一件之写』―翻刻と解題―……………………小林 輝久彦
海の古代寺院―寺部堂前遺跡(寺部廃寺)出土の簾状文軒平瓦を中心に―  
………………………………………………………………………………永井 邦仁
巡りの世界を探し求めて―幡豆・吉良における三禅定と立山信仰の痕跡―
………………………………………………………………………………伴野 義広
作品研究 地蔵菩薩立像(個人蔵)……………………………………山岸 公基・青木 智史       
西尾市の地質――臨海部及び三河湾の島々―……………吉村 暁夫・山本 康孝・内田 義和
平成二十九年度の主な活動記録                           
新編西尾市史中間報告展Ⅱ/特別講座「市史編さんの現場からⅡ」           
自然部会中間報告展・中間報告会
既刊のご案内 

第5号  平成31年3月25日発行 A4判 90ページ 500円

口絵 佐久島(筒島)のウミウシ類/豊橋市美術博物館寄託 大河内文書「寺津古城之図」
吉良義信と吉良義元………………………………………………………………清水 敏之 
一九一〇~三〇年代の町村誌における郷土意識―愛知県幡豆郡の事例……岡田 洋司
江戸前期に成立した二本の三河吉良氏の系図について………………………小林 輝久彦
豊橋市美術博物館寄託 大河内文書「寺津古城之図」について……………奥田 敏春
昭和三十~四十年代「葦の文化会」活動の軌跡………………………………加藤 安信 
佐久島を構成する地層の放射年代―フィッション・トラック及びウラン-鉛年代測定― 
………………………………………………内田 義和・吉村 暁夫・山本 康孝・山岡 雅俊
佐久島の潮間帯で発見された後鰓類― 佐久島(筒島)のウミウシ類 ―
…………………………………………川瀬 基弘・柏尾 翔・西 浩孝・鵜飼 普・大矢 美紀 
稲・藁・叺―イネ・ワラ・カマス―…………………………………………岡本大三郎

平成三十年度の主な活動記録/特別講座「市史編さんの現場からⅢ」                        
既刊のご案内