鰐口  わにぐち

鰐口写真

指定・種別 市指定・工芸
員 数 1口
法 量 面径36.0cm 肩厚8.8cm 胴厚16.5cm 撞座径7.2cm
材 質 鋳銅製 鍍金 
時 代 室町時代 永禄7年(1564)
所 蔵 錦城町 御剱八幡宮(西尾市岩瀬文庫寄託)
 

西尾城主・酒井正親(政家)(1521~1576)が永禄7年に城内の鎮護社・御剱八幡宮に奉納した鰐口。大型で豊かな胴張りがあり、鍍金が美しい。銘文の「三川國吉良庄西尾御剱鰐口酒井雅楽助政家寄進」「永禄七年甲子八月十五日菅生大工藤原宗次」は、地名「西尾」の最古の使用例である。この3年前の永禄4年に家康の命により城主となった酒井正親は、それまで「西条城」「吉良ノ城」と呼ばれていた城の名を「西尾城」と改めたと伝えられる。鋳物師は岡崎菅生の安藤氏。


西尾市の文化財一覧へ