赤羽根古城跡 あかばねこじょうあと

指定・種別   市指定・史跡

時代       ~戦国時代 

所在       一色町赤羽 赤羽別院親宣寺

築城の時期は不明であるが、平安時代末期には伊勢平氏支流の鷲尾遠衡が城主であったという(『西尾草創伝(西尾城故老伝)』「平遠衡ハ赤羽之城主也ト云」、『尊卑分脈』(桓武平氏)「遠衡 住三河国吉良」)。のち一色氏、高橋氏が城主となって西条吉良氏に属したが、永禄4年(1561)に松平元康(のちの徳川家康)幕下の酒井雅楽助政家(正親)が西条城を攻め落とした際に、赤羽根城も炎上落城したとされる(『高橋氏系譜』)。

現在は赤羽別院親宣寺や県立一色高等学校の敷地となり、縄張りを窺うことはできない。