佐久島古代製塩遺跡 さくしまこだいせいえんいせき

指定・種別   市指定・史跡

時代       古墳時代~奈良時代

所在       一色町佐久島掛梨

大浦湾に面した砂堆上にあり、製塩のために使った土器を多量に含んだ灰の層が20~50㎝の厚さで約200㎡にわたって確認されている。昭和44年にはこのうちの15㎡の発掘調査が行われた。古代の製塩は、土器に海水を入れて地面に突き刺して煮沸を行い、水分を蒸発させて結晶塩を採る方法で、土器は海水を入れる杯部と地中に突き刺す棒状の脚からなる。杯部は大変薄いために原形をとどめるものはほとんどないが、脚台が多数出土し、一部が弁天サロンに展示されている。