巨海村元和検地帳  こみむらげんなのけんちちょう

 巨海村元和検地帳 

指定・種別 市指定・歴史資料
員数 4冊
時代 江戸時代 元和3年(1617)
所蔵 巨海町町内会 市資料館寄託
 

巨海町の元和3年(1617)の検地帳で、西尾市内に現存する最古の検地帳である。田、畠、屋敷、寺社領の4分冊にまとめられている。巨海村は当時大河内松平氏領で、検地奉行は袴田七右衛門、原七左衛門、木村彦右衛門の三人によって検地が行なわれた。


西尾市の文化財一覧へ