脚台付長頚坩  きゃくだいつきちょうけいかん

 脚台付長頚坩写真

指定・種別 市指定・考古
員数 1点
法量 全高30.5cm 脚台高12cm 口径9.5cm 胴部最大径17cm 脚台底面径15.5cm
出土遺跡 最明寺山古墳群向山10号墳
時代 古墳時代後期
所蔵 上羽角町 個人蔵
 

6世紀の須恵器で、最明寺山古墳群の向山10号墳から出土したものである。透かし孔は長方形1段2個所、肩に自然の灰釉がかかる。同古墳群の出土品中最優品である。


西尾市の文化財一覧へ