徳永神明社の鬼面  とくながしんめいしゃのきめん

 鬼面正面写真 側面写真  

 
指定・種別 市指定・工芸
員数 1面
法量 面長32.5cm 面幅26.9cm 面厚17.0cm
材質 木製(桐か) 彩色
時代 室町時代後期~江戸時代初期
所蔵 徳永町 神明社(西尾市岩瀬文庫寄託)
 

両耳と小さな角の内側にそれぞれ上下2つの紐穴があり、丁寧に内刳りされた裏面中央には「権太夫」の墨書がある。詳しい伝来は不明で、同社の祭礼などに使用された記録はないが、この種の鬼面と同様に追儺(ついな)行事に使用されたものと推測される。額中央には一見角の様にも見えるが、天部のような顔と、その頂に龍を表すかと思われる鶏冠(とさか)状の飾りを載せている。類例のない形で、追儺会に登場する毘沙門天、龍天を象徴的に表していることも想像される。

頂部アップ写真

西尾市の文化財一覧へ