光悦書手水鉢 こうえつしょちょうずばち

 手水鉢写真 銘文写真

指定・種別 市指定・工芸
員数 1基
法量 高78cm 幅160cm 奥行78cm
材質 安山岩製
時代 江戸時代 寛永7年(1630)
所蔵 貝吹町 長圓寺
 

板倉家一族の墓所および板倉勝重の霊廟・肖影堂に至る参道の脇に据えられた大型の手水鉢。自然石の姿を生かした姿で、背面には勝重の座右の銘「苟日新日日新又日新」と、亡き父・勝重の菩提を弔うために寛永7年に長子重宗が奉納した旨の刻銘がある。刻銘の文字は江戸時代初期を代表する多才な芸術家・本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の筆による。京都所司代を務めた勝重、重宗父子と光悦の親交の様子は『本阿弥行状記』などに詳しい。


西尾市の文化財一覧へ