一光三尊善光寺如来立像  いっこうさんぞんぜんこうじにょらいりゅうぞう

 薬師如来写真

指定・種別 市指定・工芸
員 数 1躯
法 量 光背67.3cm 像高(中尊)39.5cm (観音)26.6cm (勢至)26.4cm
材 質 鋳銅製 鍍金 (光背は白銅)
時 代 鎌倉時代
所 蔵 戸ケ崎町 薬師寺
 

長野・善光寺の秘仏本尊を写したという善光寺式阿弥陀三尊像で、阿弥陀・観音・勢至の三尊が一面の舟形光背を背負う一光三尊形式をとる。薬師寺は古くから「戸ケ崎善光寺」と呼ばれ、7年に一度開扉される秘仏。各像の頭体は一鋳、両腕は別鋳にして肩で枘差しとし、台座、脇侍の臂釧・腕釧も別鋳で取り付けられる。光背は唐草文と雲文のような火焔が鋲留めされ、さらに7体の化仏が取り付けられている。箱型の顔、横長の口は古制を感じさせる。


西尾市の文化財一覧へ