康全寺の梵鐘  こうぜんじのぼんしょう

 康全寺の梵鐘写真

指定・種別 市指定・工芸
員 数 1口
法 量

高105.0cm 竜頭高20.5cm 口径54.0cm 口縁厚5.3cm 撞座径9.0cm 

撞座高13.5cm

材 質 鋳銅製
時 代 室町時代初期
所 蔵 満全町 康全寺
 

鍾身池の間に「三川州實相禅寺」「僧堂前鐘也」と陰刻銘があり、もとは上町の実相寺の僧堂前で使用された梵鐘とわかる。この梵鐘の撞座と同范の撞座で作られた雲版が愛知県下に5面(名古屋市龍興寺・東郷町祐福寺・蒲郡市安楽寺・常滑市東龍寺・岡崎市信光明寺に伝来)知られており、これらに正長2年(1429)の紀年銘と、実相寺の塔頭及び末寺を指すと思われる銘があることから、この頃に実相寺やその末寺で何か記念的行事があり、梵鐘や雲版が制作されたと推定されている。


西尾市の文化財一覧へ