不動明王立像  ふどうみょうおうりゅうぞう  

 不動明王立像写真

指定・種別 市指定・彫刻
員 数 1躯
法 量 像高95.5cm
材 質 木造(一木割矧造) 彩色・切金文様 玉眼
時 代 平安時代後期~鎌倉時代初期
所 蔵 刈宿町 常福寺
 

昭和初期に本山である京都・誓願寺から移されたと伝えられる。両眼で天地を見据え、牙を上下に突出し、頭頂に髻を結い、弁髪を左肩に垂らす、いわゆる「不動十九相観」に基づく不動明王の姿。小作りで愛らしい面貌や動勢を抑えた端正な体躯と衣文の表現、現在はくすんでいるが当初は華やかであったと想像される衣部の切金や彩色による文様などに平安時代後期の王朝風の優美さが漂うが、一方で玉眼の使用には新時代の到来を感じさせる。


西尾市の文化財一覧へ