観世音菩薩立像  かんぜおんぼさつりゅうぞう

 観音菩薩写真

指定・種別 市指定・彫刻
員 数 1躯
法 量 像高88.5cm
材 質 木造 彩色
時 代 室町時代?
所 蔵 徳次町 信竜寺
 

本堂の右脇壇に祀られており、面部を含めて像全体に後世の修理が施されている。台座裏に墨書銘「正徳五歳申正月十五日朝/古像ノ朽タル弐尺六寸ノ木ノ姿計ヲ求京ヘ上セ再興也/同年五月三日再興出来/御下着京仏光寺通仏工上村長兵衛/円翁上人義覚和尚四十二歳/古像聖徳太子之御作也」があり、正徳5年(1715)に同寺住職が朽ちた古像を買い求め、京仏光寺通の仏師上村長兵衛が修理を行ったと読める。


西尾市の文化財一覧へ