阿弥陀八菩薩像  あみだはちぼさつぞう

 阿弥陀八菩薩像写真

指定・種別 市指定・絵画
員 数 1幅
法 量 縦139.4cm 横85.0cm 
材 質 絹本濃彩

時 代

朝鮮 高麗時代
所 蔵 上矢田町 桂岩寺 (西尾市岩瀬文庫寄託)
 

阿弥陀如来を中心に8体の菩薩像を左右に配して描く、いわゆる阿弥陀八大菩薩図。全て立像で、斜め右方向に歩み寄る姿は来迎の情景ともいえる。阿弥陀如来は、掌を広げた右手を垂下し、掌を上にした左手を胸前に掲げる高麗仏画に一般的な印相である。同様な図像をもつ作例は、愛知・徳川美術館本、京都・浄教寺本、兵庫・川崎家旧蔵本などにみられる。顔貌はふくよかで穏やかな表情をとり、着衣やベールには高麗仏画の特徴である華やかで繊細な文様が施されている。制作年代は14世紀の中~後期と推定される。


西尾市の文化財一覧へ