弥陀三尊  みださんぞん

弥陀三尊写真

指定・種別 市指定・絵画
員 数 1幅
法 量 縦92.3cm 横41.8cm
材 質 絹本濃彩

時 代

室町時代前期~中期
所 蔵 下矢田町 養寿寺(西尾市岩瀬文庫寄託)
 

西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来が観音菩薩・勢至菩薩を伴って往生者の魂を迎えに現れる様子を描いた来迎図。雲上の阿弥陀如来は正面を向いて来迎印を結び、向かって右の観音菩薩は蓮台を掲げ、左の勢至菩薩は合掌する。ともに肉身を金色に、着衣や瓔珞も黄色地に精緻な金泥文を施す皆金色の表現である。『養寿寺略記』に、天正19年(1591)4月に一色郷鈴木惣五郎が米百俵にて表具を修理し、養寿寺に寄進したことが記録されている。


西尾市の文化財一覧へ