御剣八幡宮 みつるぎはちまんぐう

 御剱八幡宮写真

指定・種別 市指定・建造物
石燈篭3対6基 陶製狛犬1対

時 代

江戸時代 延宝6年(1678)
所 在 錦城町 御剣八幡宮
 

御剣八幡宮は西尾城の城内鎮護のために本丸内におかれた神社で、代々の城主の崇敬が深かった。本殿は一間社流造桧皮葺、拝殿は間口三間、奥行二間の入母屋造桧皮葺。棟札や石燈篭の銘文から、本殿と拝殿は延宝6年に当時の城主土井利長によって再建されたもの、渡殿は幕末(安政6年/1859)に増補したものとみられる。


西尾市の文化財一覧へ