西尾のてんてこ祭   にしおのてんてこまつり 

 てんてこ祭り写真1 てんてこ祭り写真1

指定・種別 県指定・無形民俗

開催地

熱池町 八幡社
 

毎年正月3日に行なわれる五穀豊穣を祈念する農業祭。平安時代に清和天皇の大嘗会(だいじょうえ)の悠紀斎田(ゆきさいでん)にこの地が選ばれたことにちなんで始まった祭りと伝えられる。赤い衣装に身を包んだ6人の男が神社に向けて行列し、うち3人は男根を模した大根を腰につけ、「てんてこ、てんてこ」という太鼓の囃子にあわせて腰を振って奇妙な格好で行進する。神社の境内に着くと竹箒で藁灰を撒き散らし、観客にかける。この灰をかぶると厄除けになるといわれている。  


西尾市の文化財一覧へ