陶製狛犬  とうせいこまいぬ

狛犬写真

指定・種別 県指定・工芸

員 数

1対
法 量 阿像:高25cm 吽像:高26.2cm
材 質 陶製 瀬戸窯産
時 代 室町時代中期

所 蔵

八ツ面町 久麻久神社
 

阿吽一対。全体に灰釉をかけ、青灰色である。吽像には角が付く。台板の裏面に「荒河宮 捨入自□」と墨書がある。「荒河宮」は八ツ面町久麻久神社の旧称、荒河大宝天王宮のことで、ここに奉納された一対であることが知られる。釉調から室町時代中期ころの制作と推定されている。同社本殿は大永7年(1527)の造立で国指定重要文化財。


西尾市の文化財一覧へ