木造牛頭天王神像  もくぞうごずてんのうしんぞう

牛頭天王立像写真

指定・種別

県指定・彫刻

員数

1躯

法量

像高74.6cm

時代

平安時代

材質

木造(一木造) 素地 彫眼

所蔵

八ツ面町 久麻久神社

 

八ツ面町久麻久神社の前身・荒河大宝天王宮の神体と見られる。ケヤキの一木造りで、内刳りは施されない。両肩以下は後補。目をむき、上歯牙で下唇を噛む著しい忿怒の表情、面奥・顎の入りの深い頭部、短躯・猪首で腰以下の分厚い体は、平安時代前期の神将形像の一類型を示す。裙裾が短く、背皮が腰帯下のみに表される衣制や、足幅いっぱいに造り出された足枘も古様である。造立年代は10世紀に遡ると思われる。

 牛頭天王アップ


 西尾市の文化財一覧へ