東山北野遊楽図屏風 ひがしやまきたのゆうらくずびょうぶ

左隻写真左隻

右隻写真 右隻

指定・種別 県指定・絵画

員数

6曲1双
法量 各縦153.3cm 横363.0cm
時代 江戸時代前期

所蔵

貝吹町 長圓寺(西尾市岩瀬文庫寄託)
 

右隻は祇園社、左隻は北野社の参詣と遊楽の様子を描く京名所絵屏風。社殿や境内外の様子、参詣者の風俗が克明に描かれ、器物や調度まで精細に描かれた酒宴や、臨場感にあふれるかぶき者たちによる喧嘩の場景など、傑出した出来栄えを示す。制作は景観や描写の特徴から元和元年(1615)以降、寛永(1624~43)の半ばまでと推定される。京都所司代を務めた板倉重宗(いたくらしげむね)が菩堤寺である長圓寺に寄進した。 


西尾市の文化財一覧へ