平成29年度西尾市オープンカレッジ

愛知大学連携講座「日本人の精神性、万葉人のこころ」

日本で最古の和歌集であり、4,500首以上の歌が集められた万葉集。天皇から防人など、様々な身分の人が詠んだ歌から日本人の精神性が見えてきます。130年を超える万葉の時代を4期に分けて学び、また、自然詠・恋歌など、ジャンル別に味わい、万葉人のこころにふれてみましょう。

講師

愛知大学 名誉教授 黒柳孝夫氏

開催日時

全6回 毎回土曜日 午後1時30分から3時

  1. 8月26日
  2. 9月2日
  3. 9月9日
  4. 9月16日
  5. 9月23日
  6. 9月30日
講座内容
  • 8月26日「万葉集の時代と歌≪大化・飛鳥時代≫」
  • 9月2日「万葉集の時代と歌≪藤原宮時代≫」
  • 9月9日「万葉集の時代と歌≪奈良朝前期・中期≫」
  • 9月16日「万葉集の自然詠」
  • 9月23日「万葉集の恋歌」
  • 9月30日「万葉集の人生・生活歌」
開催会場

西尾市中央ふれあいセンター講義室(3階)

受講資格

市内在住・在勤または在学の16歳以上の方

費用

受講料:1,200円(開催初日に会場でお支払いください) 

申込方法

申し込み期間は終了しましたが、まだ残席があります。

生涯学習課(中央ふれあいセンター2階)の窓口でお申込みください。

問合せ先

西尾市生涯学習課 55-3515

西尾市錦城町162番地14(中央ふれあいセンター2階)

 

東海学園大学連携講座

「尾張名古屋は城でもつ~家康・宗春・名古屋の底力~」

徳川家康が経済活動拠点のシンボルとして築いた黄金の鯱の名古屋城は姫路城の二倍の大きさの天守閣と碁盤割の城下町で有名です。碁盤割には職人・商人のみを住まわせ物作り物売り活動の核としました。その家康の意志を継いで「温知政要」に基づく規制緩和と地場産業の保護育成と販路の拡大に務めたのが宗春です。宗春の施策は大成功、尾張名古屋は日本一生き生き伸び伸び元気よくなり、町人が大きな実力を付けました。それが今まで継承され、名古屋は今も経済的実力を持っています。本講座では、その家康・宗春の意図をわかりやすくお話しします。

講師

東海学園大学 教授 安田文吉氏

開催日時

全3回 毎回木曜日 午後2時から3時30分

  1. 10月5日
  2. 10月12日
  3. 10月19日
開催会場

西尾市中央ふれあいセンター講義室(3階)

受講資格

市内在住・在勤または在学の16歳以上の方

費用

受講料:600円(開催初日に会場でお支払いください) 

申込方法

9月2日(土曜日)から9月13日(水曜日)に中央ふれあいセンターの窓口でお申込みください。

午前9時~午後9時 (月曜日は中央ふれあいセンター2階生涯学習課へ。午後5時15分まで)

問合せ先

西尾市生涯学習課 55-3515(土日は電話に出られません)

西尾市錦城町162番地14(中央ふれあいセンター2階)

 

東海学園大学連携講座

「尾張名古屋は城でもつ~社会見学版~」

徳川宗春ゆかりの地をバスで巡ります。

講師

東海学園大学 教授 安田文吉氏

開催日時

11月9日 毎回木曜日 午前9時から午後4時30分

開催会場

名古屋市(西尾市発着)

西尾市文化会館出発

→尾張徳川家の菩提寺建長寺を見学

→宗春の著書「温知政要」を蓮左文庫にて見学

→八事興正寺にて宗春直筆の額を見学

→西尾市文化会館到着

受講資格

市内在住・在勤または在学の16歳以上の方

10月のオープンカレッジ「「尾張名古屋は城でもつ~家康・宗春・名古屋の底力~」の受講生を優先します。

費用

受講料:200円 教材費:1,800円程度(開催初日に会場でお支払いください) 

申込方法

9月2日(土曜日)から9月13日(水曜日)に中央ふれあいセンターの窓口でお申込みください。

午前9時から午後9時(月曜日は中央ふれあいセンター2階生涯学習課へ。午後5時15分まで)

問合せ先

西尾市生涯学習課 55-3515(土・日曜日は電話に出られません)

西尾市錦城町162番地14(中央ふれあいセンター2階)