輪円草 りんえんそう

指定・種別  市指定・典籍

員数      1冊

法量      縦28cm 横19cm

材質      紙本墨書 四つ目綴じ本

時代      室町時代

所蔵      吉良町吉田  西福寺

当麻曼荼羅(たいままんだら)の講義録で、全3巻のうち1巻(第34座~50座)のみ現存する。第50座に「至徳三丙寅六十二」とあることから、至徳3年(1386)6月12日まで行われた講義内容とみられる。教旨は法然、証空、立信と伝わる浄土宗西山派の教学に拠っており、第43座本文割注に「私云善人尚生況悪人乎六八誓願如舩筏」とあることから、西山派で「悪人正機」思想が説かれていたことがわかる。他に伝本の知られない孤本。